はじめての多肉植物といろいろ。

多肉植物を寒冷地で初心者が育てるブログです。 観葉植物も時々。 

Take a look at this

多肉植物 真冬の葉挿しと挿し穂。 管理する場所ごとに見てみると・・・

 10, 2016 07:32
葉挿し 冬

真冬の多肉植物の葉挿しはというと、まあまあ順調です。
なぜなら、玄関という一応室内にいますので。
我が家の玄関は直射日光的なものはあたらず薄ーい光が入ってくる程度なので、
葉挿しが発根してくるまではいい環境のようです。

ちなみに、完全屋外のぶっこみ鉢の葉挿しはほぼ全滅・・・。
(マイナス12℃にさらされればそれはそうなります(;д;)ごめんね。)
ブロンズ姫と虹の玉があったんですが、凍って溶けてしまいました。

というわけで、まずは

玄関組

葉挿し 冬

↑大きい葉が朧月。
後は中ぐらいの葉が薄氷・小さい葉が白牡丹ですが、白牡丹はやっと発根したくらいです。

葉挿し 冬

↑薄氷はちまちまっと出てきています。

ブラックプリンス 葉挿し 冬

↑ブラックプリンスの葉挿し。
1月初旬くらいまでベランダ組にいたのですが、もう一つあったブラックプリンスの葉挿しが凍っておホシ様に・・・。
あわてて玄関に引き上げたのですが、特に変化なし。

薄氷 葉挿し 冬

↑同じくベランダ組から半分凍ったため玄関に避難した薄氷。
特に変化なし。

アオエニウム 挿し穂 冬

↑葉挿しじゃないですが、アエオニウムの挿し穂。
というか、寄せ植えに入れてベランダに置いたら寒さでしおしおに(・・;)
慌てて抜いたものの、どうしたらいいのかわからず適当に土に挿して玄関に放置。
下葉を枯らしつつ、こんなに発根してるとは!

カメレオン 挿し穂 冬

↑これもアエオニウム同様のカメレオン。
ちゃんと挿し穂にせず、土の上に横たえて玄関に放置(葉挿しじゃないってのに。)
・・・。めちゃくちゃしおしお(・・;)(・・;)(・・;)。ご、ごめんね・・・。
でも、こちらもめげずにすごい発根してました。

アエオニウムとカメレオンは急いでしっかり植え直して少しお水をちょろーしときました。


続いて夜間から朝にかけてマイナス5℃になるサンルーム組。
葉挿し 冬

↑そして、こちらはパキフィツム属月美人さん。
10月ごろ届いてから始めてるのですが、ずーっとこんな感じ。
サンルーム内は夜間はマイナス5℃で日中は5℃から10℃なのですが、
朝見ても、凍った様子もなく、かといって発根もせず、ひたすらこのまま。
ベランダ組で簡易温室の中で耐えている本体の月美人も凍ったりすることはないので、
結構寒さに強いようです。
しかし、いつ発根するんだろ・・・。

葉挿し 冬

↑これは・・・なんだっけ。薄氷だと思うのと、あとは不明・・・。
ちんまり出ているのもあるので、大きくなるまでわかりませんが、
この葉挿しもサンルーム内。

愛染錦 挿し穂

↑葉挿しじゃないけど、愛染錦の挿し穂。
こちらも夜間は極寒のサンルームにいるけれど意外と平気そう。
ひと月以上たつけれど、全く発根せず。

最期に気温マイナス10℃を簡易温室で過ごすベランダ組

葉挿し

↑えーと・・・なんだっけ。とりあえず元気だけれどもう2月近く大きさ変わらず。

薄氷 葉挿し 冬

↑薄氷。こちらもたまに凍った様子があったものの、変化なし。

デビー 葉挿し 冬

↑デビー。このちんまり出てくるまでに数か月。で、ここからまったく変化なし。

虹の玉葉挿し丼 冬

↑虹の玉葉挿し丼。時々凍ったけれど、何とか持ちこたえている様子。
すごい真っ赤。

とまあ、見てみると薄氷の葉挿しが多いなあ。
やっぱり玄関組が一番順調ですので、冬の葉挿しは室内ですね。
寒いとお星様になるか、まったく成長しないかのようです。

んんー・・・。結局みんな真冬の厳寒期は室内かあ。





関連記事

↓クリックして応援してもらえたらうれしいです(^^♪

にほんブログ村

にほんブログ村
  •   10, 2016 07:32