はじめての多肉植物といろいろ。

多肉植物を寒冷地で初心者が育てるブログです。 観葉植物も時々。 

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓クリックして応援してもらえたらうれしいです(^^♪

にほんブログ村

にほんブログ村
  •   --, -- --:--

寒冷地の氷点下の中マイナス5℃のサンルームで平気そうに耐えている観葉植物は・・・アイビー(ヘデラ)さん!

 09, 2016 07:31
真冬 アイビー
連日凍りついて枯れた植物をアップしてきましたが、
氷点下にさらされても枯れず、アイビーだけは元気です!!ヽ(≧∀≦)ノ
バタバタとサンルームの中で植物さんたちが倒れていく中、
アイビーは枯れることもなく、弱っている様子もなく。

真冬 アイビー

サンルームという名のガラス張り空間で夜間から朝にかけてはマイナス5℃。
日中は5℃前後。湿度は50%から70%の環境。
水やりはは恐ろしくてひと月に一度ほど。

ポトス・パキラ・シェフレラがバッタバタと倒れていきましたが
(防寒対策しなかった私のせいですが(T_T))
アイビーはなんのその。

思い出してみると、結構この地方でも自生している
雪をかぶったアイビーを見かけたことがありました。

寒さにかなり強いんですね。アイビーは。
他がひどいことになってしまっただけに、ここまで元気でいてくれると励まされます。

そんなわけで、今年の春からはサンルームはアイビーだらけにしようと思います。
あと、コニファーの鉢植えとか。(冬はよさそうだけど、夏大丈夫かな…。)
キッチンに併設されているので緑があるとすごく気持ちいいんです。

パキラやシェフレラも0℃までは大丈夫なので耐寒性かなりあるのですが、
寒冷地では、真冬の3か月ほど室内に置かないと枯れてしまうことが実証されましたので
(本にもネットにも氷点下は無理だと書かれているというのにやってしまった私(・・;))
室内管理が難しい以上は耐えれる植物を厳選して置いていく方針です。


関連記事

↓クリックして応援してもらえたらうれしいです(^^♪

にほんブログ村

にほんブログ村
  •   09, 2016 07:31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。