はじめての多肉植物といろいろ。

多肉植物を寒冷地で初心者が育てるブログです。 観葉植物も時々。 

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓クリックして応援してもらえたらうれしいです(^^♪

にほんブログ村

にほんブログ村
  •   --, -- --:--

氷点下が続く真冬のパキラ マイナス5℃は枯れます。が、復活を信じて枯れた後の処置をしてみました。

 05, 2016 11:39
パキラ 
1月後半は体調不良の嵐で、ブログも書けず
おまけにこれぞ寒冷地!という本格的な氷点下が続き、マイナス10℃(ひどいとマイナス12℃とか)で
多肉植物・観葉植物たちが凍りつき枯れていく・・・そんな日々です。
植物初心者は寒冷地の寒さが植物にどれだけ過酷か思い知る今日この頃です゚(゚´Д`゚)゚。

というわけでしばらくはマイナス10℃という過酷な寒冷地での環境で
植物がどうなったか記録していきたいと思ってます。

ブログで紹介しようしようと思っていた元気だったパキラ。
上の写真は11月時点ですが、新芽もたくさん出ていて次から次へと葉が増えるため
どう剪定するのかなあー?と思っていたのですが・・・

パキラ 真冬 枯れる
(°_°)(°_°)(°_°)
やってしまいました。
1月以降、サンルーム(という名のガラス張り空間)は夜間から朝にかけてはマイナス5℃近く。
それを1週間ほど放っておいてしまったのですが、
葉もしおしおしてるし、まずいかなと玄関に引き入れたところ3時間ほどでこの状態。

・・・。いきなり氷点下環境から暖かい場所に入れてはいけません。

どうしたらいいものかと玄関にこの姿のまま佇むこと3日。

どうやっても、この枯れた茶色い葉が生き返るとは思えず、ちょっとネットで調べると
意外とパキラは冬はこんな姿になってしまう事が多々(かな?)あるよう。
幹まで腐ってるとか、枯れ果てているようだと望みがないようですが、
幹はとりあえず大丈夫そう。
本当は、根っこも確認したほうがよいようです。
が、これ以上いじるのがこわい(というか、他にもこういうのがいすぎて手が回らないので)


とにかく枯れた葉は取り除いて・・・

パキラ 真冬 枯れた後の処置

この状態でたまーに(乾燥の具合で)お水をちょろーっとあげながら冬の間はすごし、
春になると芽吹いてくることがあるようです。
パキラは生育旺盛なので、復活してくれば元の姿に戻るのも早いようで
夏には元の姿とはいかずとも3分の1くらいの葉が戻ってくれればいいなあと思ってます。



関連記事

↓クリックして応援してもらえたらうれしいです(^^♪

にほんブログ村

にほんブログ村
  •   05, 2016 11:39
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。