はじめての多肉植物といろいろ。

多肉植物を寒冷地で初心者が育てるブログです。 観葉植物も時々。 

Take a look at this

屋外管理の多肉たち。雪もかぶって最低気温マイナス10℃にもなったけど・・・

 23, 2016 17:38
センペルビウム ハニーミント 紅葉
完全屋外管理の多肉さん。ハニーミントさんのセンペルビウム。
詳しい品種名は不明です。きゅっと締まって紅葉しています。

ついに雪も降り始め最低気温がマイナス10℃にも。
このセンペルさんも若干雪かかっちゃいましたが、とりあえず大丈夫そう。

11月下旬の購入時。
ハニーミント 10鉢セット センペルビウム

水道台下のセンペルビウムさん達はとりあえず元気そう。
直接地面には置いていません。
センペルビウム 冬

センペルビウム達と同じ場所にいる白雪ミセバヤ(ケープブランコ)
白雪ミセバヤ(ケープブランコ) 冬
何の変哲もなく・・・
白雪ミセバヤ(ケープブランコ) 冬
出てきた新芽もあまり変化なく・・・


雪をかぶったセダム達はこんな感じ。
雪 ヒスパニクム ヒスパニクム
雪 白花タイトゴメ 白花タイトゴメ
雪 黄金丸葉万年草 黄金丸葉万年草

ヒスパニクムは大丈夫そうです。白花タイトゴメは・・・微妙。
黄金丸葉万年草は結構ダメージ受けちゃったかな(・・;)

とりあえず、最低気温マイナス10℃近くになってきて
雪も積もりましたが、
凍ってブニブニになっている様子はありません。
(本当は白花タイトゴメとか凍ってるんだと思いますが…)

本当に大丈夫かは春の生育期にどうなるかでわかるのかなあ。


追記
2018・4
この多肉さん達は・・・・!!
全滅してしまいました・・・(ToT)/~~~
マイナス10℃という気温自体は耐えられたかもしれませんが、それ以下の気温になったことや霜、雪が続くなどといった環境が続き、凍ってぶよって枯れてしまいました。

というわけで、一年通して屋外管理が可能なのは一部のセンペルのみ!
という結果に。
あとわずかに生き残ったダシフィルム?が少しだけ増え始めましたが・・・

多肉植物の寒冷地での真冬管理は室内ですね・・・
関連記事

↓クリックして応援してもらえたらうれしいです(^^♪

にほんブログ村

にほんブログ村
  •   23, 2016 17:38